借金返済の相談BIZ~300万円の借金を完済する具体的な方法~

自己破産するとどうなるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_010408

 

 

h4どうしても借金が返せなくなった場合の最後の手段

 

 

人生ってどうしても借金をしないといけない時があります。
仕事が順調にいっている時は、さほど心配することもないでしょう。

 

でも思わぬ事態で仕事先がなくなる可能性もあります。

再就職しても以前のように高給ではなくなって、借金を返済するどころか反対に生活するので精一杯なんてこともありうるのです。

 

そんな時に知人から教えてもらったのは、「自己破産」を申請することでした。
収入から考えてある程度の金額以上の借金があった場合、この自己破産申請ができるのです。

 

ただし何でもかんでも自己破産申請ができるとは思わないで下さい。

 

金額によっては「任意整理」という形にもなります。

 

任意整理」なら、借りた金額を合算して返していけるだけの毎月の金額に計算しなおして返済していくものです。

 

普通、借金には金利が付きますが、その「金利は免除」されるでしょう。
借金が少なければこの方法が適用されると思います。

 

では「自己破産」ならどうかというと、自己破産をすれば自分の借金はなくなります。

 

でも借金をした時にあなたの保証人になってくれた人が支払う義務を負うことになるのです。
その人はあなたの借金を返しながら、今後生活していくことになるでしょう。

 

また、自己破産申請をした後の10年間くらいは、高額な物は購入することができません。
家であったり車であったりは勿論のこと、ローンを組むことすらできないのです。

 

それでも借金という足かせからは楽になります。
生活の基盤を元に戻すことができるでしょう。

 

借金とは人生を逆転させる出来事です。

 

どうしてもダメだと思った時には、信頼できる弁護士さんに相談することをお勧めします。

 

借金を返済する方法   

この記事に関連する記事一覧