借金返済の相談BIZ~300万円の借金を完済する具体的な方法~

200万円の借金を完済しました

読了までの目安時間:約 3分

 

a0001_000050

 

 

h4私が実践した借金を返済する方法

 

 

私は、以前200万円程の借金を抱えていましたが現在は完済しています。

 

まずは、どうしてそこまでの額の借金を作ってしまったかの原因をノートに書きました。

こうする事で、返済の決意がしっかりと持てました。

 

そして、節約をする生活に入りました。
食費をほとんどかけずに料理をしたり、光熱費も対策を立ててしっかりと節約していきました。

 

そして、無駄使いは一切しない様にしました。

節約と同時に貯金箱に「500円玉貯金」も始めました。

 

生活費は切りつめようと思えば結構いくらでも切り詰められます。
たとえば、お風呂のお湯を洗濯に使ったり、電気も蛍光灯を一本外してから使用すれば良いのです。

 

借金はコツコツと返していきました。
おまとめローン」という方法で借金を一本化する方法もあります。

 

低金利のところに一本にまとめると月々の返済額が多少減額するのでそれも良いかもしれません。
日々悩みながら過ごすのは、精神的には決してよくありませんので適度に息抜きをしながらやっていくのが良いと思います。

 

250万の借金ならば、自己破産する程の事はありません。
自己破産するとかなり長いことクレジットカードが作れなかったりとデメリットが多々あるからです。

 

自分の甘さを捨てて、本気で返済に取り組めばどんどん借金が減っていきます。
それを見ると、またやる気が湧いてくると思うのです。

 

借金を頑張って返済している人のブログを探して読むのも良いかもしれません。

思わぬヒントが拾える場合もありますよ。

 

あまり気に病まず、ゆっくりとでも良いので確実に返済していくことが一番大事ですので、頑張って下さいね。
応援しています。

 

借金返済の体験談   

複数会社からの借金をなんとか返済していく方法

読了までの目安時間:約 3分

 

a0002_001992

 

こんにちは。

借金をしている方は多いと思いますが、「複数の会社からキャッシングをして借り入れをした結果、返済に困っている・・・」という方も多いと思います。

 

私も、かつては返済額がなかなか減らずに困っていたことがありました。

まず、借金を返済するには以下のことが大事となります。

 

1. コツコツ毎月返済する
2. お金が入ったときにまとめて返済する
3. 現在以降、金融会社から一切借金をしない
4. おまとめローンを使う

 

は当然ながらコツコツと借金返済をするという方法です。

長い時間はかかりますが、確実に返済はできます。

 

しかし、それがあまりにも高額な場合は、の「まとめて返済」する方法を取ってください。

今月は、少し余裕がありそうだな」と思ったときに返済しておくと、後で困ることがありません。

 

は当然です。

返済が長期間に渡って続くと、返済をしている間に新たな借金をしてしまうケースが少なくありません。

 

私も2社から借金をしているときには、1社が返済間近になると「ここからまだ借りられそうだな」と変な勘違いをしてしまい、新たに借り入れをしてしまうことがあったので、それはしっかりと自制心を持ってやめましょう。

 

の「おまとめローン」が現実的な策かもしれません。

と言うのも、おまとめローンは、複数の会社からの借金をひとつにまとめられるのが最大の利点です。

 

支払日もひとつに統一され、月々の支払額が軽減され、返済先が一本化されるのでストレスも軽減されます。

結果的に複数借り入れをしていて返済が高額になってしまったケースなどにピッタリの返済方法と言えるでしょう。

 

ただし、おまとめローンは複数借り入れの全額を一本化して借りることになるので、現在の返済額や金利を調べながら、できるだけ低金利の会社を選び、一本化した場合の返済額や期日などをあらかじめしっかり調べておく必要があります。

 

借金を返済する方法   

親戚に借金を返済してもらう際の注意点

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_007201

 

借金について何が一番大変なのかと言われると、やはり利息です。

たった数%程度のものと侮ってはいけません。

 

多くの方が人生の中で1度は利用する住宅ローンでは、借入額が大きくと返済期間が非常に長くなることから、1000万円を超える利息を支払うことになることも珍しくありません。

 

住宅ローンで借りる金額に比べれば消費者金融の250万円は少ないものではありますが、長く借金生活を続けていると払っても払っても減らないと感じることでしょう。

それは偏に利息の負担が大きいためです。

 

では具体的にどうやって返済すればいいのかと言われると、「親戚に借金を返済」してもらって下さい。

 

以降は、親戚と新たに「金銭消費貸借契約」を結んで返済していって下さい。

 

誤解してもらいたくないのは、親戚間だからあるときに返済すればよくなるため薦めているわけではないということです。

そのようなことをすると税務署から贈与があったものとみなされます。

 

あるとき払い」とか「出世払い」というのは、税務署は贈与とみなすのです。

そのため、親戚間のお金の貸し借りであっても返済はきちんと行っていく必要があります。

 

ただ、利息は設定しなくても構わないでしょう。

消費者金融から無利息で借りるということはできませんが、親戚間であれば事情を話せば無理ではないでしょう。

 

なお、無利息にすると本来支払うべき利息分は贈与があったものとみなされますが、年間110万円までは贈与税は発生しません。

 

そのため、250万円であれば問題ないでしょう。

返済期間についても長めに設定してもらうことが可能でしょう。

 

ただし、貸主が亡くなる前に返済できるように設定しておきましょう。

平均寿命を超えてまで返済期間が設定されている場合、無理があるとして贈与認定されることがあります。

 

借りる相手が変わるだけではないか・・」と思われるかもしれませんが、利息の支払いがなくなるだけでも精神的負担は大きく軽減されます。

おすすめの返済方法なので是非試して下さい。

 

借金を返済する方法   

借金返済生活が異性にモテる人徳が身に付く理由

読了までの目安時間:約 3分

 

a1180_009593

 

 

h4借金返済は日々の慎ましい生活に宿ります

 

 

借金返済生活の攻略には、お金をできるだけ支出しない事がとても重要です。

お酒や嗜好品は元より、仕事の昼食代も自分でお弁当を作って持って行きましょう。

 

ある意味、借金返済の為の節約生活は、「理想的な慎ましい生活」でもあるのです。

 

もし、貴方が女性だった場合、かなりの「女子力」を鍛えることが可能なはずです。

例え借金経験があったとしても、この節約生活で鍛え上げられた方法であらゆる男性から良い感触を与えられること間違いありません。

 

そして貴方が男性であった場合も同様、家庭的で自分のことは自分でできる姿を見て、「女性は惹かれる」要素を手にできるのです。
とは言っても散々お金で飲み歩いたり、無闇に無駄買いを繰り返していた人たちにとって、節約生活は苦しさを極めます。

 

何より何も楽しさがなくなって刺激が欲しいと思う時もあるでしょう。

 

しかしそんな時こそ考えてください。
もし、そこで貴方が節約生活を止めてしまったら、怖いお兄さんに揉みくちゃにされてただでは済まないはずです。

 

周りの親戚にも迷惑が掛かり、信頼を多いに失われます。
そんなことをイメージすれば、返済完了まで我慢しようと気になるはずです。

 

地道にお金をできるだけ使わない生活を続ければ、かならず借金が自分の手元から消えてなくなることは、完全な論理です。
ですので、頑張って節約主婦以上の節約で完全返済を攻略することを筆者はおすすめします。

 

特に日々の生活で大きな支出源となる電気水道代は節約で大幅削減できます。
明かりはLEDランプに変えたり、料理時にはフライパンをあまり利用せず、電子レンジでパパッと済ませるようにしてください。

 

お風呂の湯船は砂でいっぱいのペットボトルを浴槽に置き、少量のお湯で嵩を増して入浴しましょう。
このように頭を働かせれば、かなり節約できる要素が存在することがわかるかと思われます。

 

借金を返済する方法   

年利18%の借金返済計算

読了までの目安時間:約 4分

 

a1180_009233

 

借金を減らすには、元金を減らすことが絶対条件です。

それでないといつまで経っても利子の分しか払っていないので、借金は減るどころか、かえって増えてしまいます。

 

収入が少ないのに、元金まで減らせないと思い込んで、いつまでも利子の分を払っていたのでは、一生借金地獄から抜け出すことができません。

 

借金を減らすには、元金をできるだけ減らすことであれば、次にどうやって元金を減らすかということになります。

これは2つの方法によって可能です。

 

 

point1金利見直し

 

 

一つは金利の見直しです。

長らく返しても借金が減らないということは、金利が高いかどうかを確認する必要があります。

 

現在利息制限法の上限利率は、年利18%が上限と決められています。

 

250万円を借り入れた人が、毎月5万円返済したとして、借金を返済するには、7年10ヶ月もかかってしまいます。

なんと250万円が、総額470万円にもなってしまいます。

 

これが金利0%だと、4年2ヶ月で完済できます。

3年8か月分も金利のみを220万円も余計に払っていることになるのです。

 

さらに怖ろしいことには、利息制限法の前は、グレーゾーン金利といって、29.2%の金利が業界のスタンダードとなっていました。

この金利ですと200万円を毎月5万円で返済するのに12年6ヶ月もかかり、206万円を越えると、毎月5万円返済は、一生経っても返済することができないのです。

 

ただし、金利29.2%は、利息制限法の金利上限18%を超過し、違法であり、差額の過払い金は返済者に返還義務があるとする判例が出され、数年前から、過払い金の返還を請求すれば、借金返済中でも過払い金が戻ってくるようになりました。

長らく借金返済を続けているのであれば、過払い金の返還を求めるべきです。

 

ただし、個人の力では無理なので、法律事務所や司法書士事務所に相談し、手続きをとってもらう必要があります。

 

 

point2借り換える

 

 

次にいくら金利が18%とはいえ、定期預金の金利が0.1%の状況ですので、あまりにも高いといわざるを得ません。

もっと安く貸し出すところはいくらでもあるので、「金利の安いところへ借り換え、一旦一気に返済してしまう」という方法が、効果的です。

 

例えば年3.5%~14.8%で貸し出している金融機関もありますので、そうなると金利差は、3.2%~14.5%に下がり、借金総額がぐっと楽になります。

 

最後に借金は短期間で返すのが鉄則です。

そのためには、質素倹約に勤め、とにかく我慢し耐乏生活を徹底することです。

 

タバコを止める、昼は弁当持参、飲み物はマイボトルでを徹底するだけで、年に30万円は節約することができます。
過払い請求、金利が低い金融機関へ借り換え、質素倹約の3点セットで、借金をできるだけ早く、完済しましょう。

 

借金を返済する方法